ベビーサインとは?

babysigns

まだ言葉をうまく話せない赤ちゃんと手話やジェスチャーを使ってお話する育児法です。

ベビーサインは初歩的な言語なので、生まれつきできるものではなく、お母さんが語りかけながらサインを添えて繰り返すことで、赤ちゃんが学んでいくものなのです。

 

cloverベビーサインを始める時期clover

ベビーサインを見せ始めるのは、早くてもかまいません。
ただ、赤ちゃんが返してくれるようになるのは、以下の発達的特徴が備わってからです。

1ひとり座りがしっかりできて両手が自由になる

2自分で指差しをしたり、指差しに反応する

3自分の周りの世界に興味を持つ

月齢の目安としては、6、7ヶ月ころから始めるのがいいと言われています。

 

cloverベビーサインのメリットclover

1育児が楽になる
赤ちゃんの欲求や泣いている理由、好きな食べ物、興味の対象が分かったり、生活のルーチンがスムーズになることで、泣くことが減りフラストレーションの低下につながります。

2赤ちゃんの健康維持と安全確保に役立つ
赤ちゃんの見えない痛みやどこが痛いかを理解できたり、熱いものを避けたり、危ないものを認識したり、寒さや暑さの体感が分かるようになります。

3赤ちゃんのコミュニケーション能力の発達に役立つ
赤ちゃんへの語りかけが増えたり、赤ちゃんの曖昧な話し言葉も理解できるようになります。また、赤ちゃんも語りかけを聴く姿勢が育ち、物の名前と定義を学んだり、語彙が豊かになります。赤ちゃんはコミュニケーションの喜びを体感することができ、周囲に受けとめてもらっているという自尊心が育つのです。

4家族の絆が強まる
赤ちゃんと気持ちの共有ができ、信頼関係が深まります。赤ちゃんを誉める機会が増え、アイコンタクトが自然になり、赤ちゃんの世界が垣間見え、「赤ちゃんでもこんなことを考えてるのね!」と赤ちゃんへの尊敬の念が深まります。

 

cloverベビーサインは期間限定のステキな言語clover

赤ちゃんがベビーサインをする姿はとても愛らしいですが、ベビーサインは必ず話し言葉に移行していきます。その理由は3つ。

1ベビーサインを知らない人との出会いが増える
赤ちゃんは相手によってコミュニケーション方法をかえるcode-switchingを始め、相手に合わせてコミュニケーションしようとします。そして話し言葉へと移行していくのです。

2言いたいことが一語文・二語文では物足りなくなっていく
ベビーサインは一語文・二語文で終わる言語ですが、より複雑なことを伝えたい場合はサインでは間に合わなくなるのです。

3耳が聞こえる赤ちゃんにとっては、話し言葉の方が便利
お母さんの姿が見えないところでお母さんに話しかけたい場合や、複数の人に話しかける場合は、声を出すほうが手っ取り早いのです。

 

ベビーサインはいずれメインでは使わなくなっていくものですが、
ベビーサインを使っていた子は大きくなっても覚えている子もいます。
ベビーサインは期間限定ですが、ステキな思い出として残っていくものなんですねshine

お母さんやお父さんが赤ちゃんに教えてあげることはたくさんありますが、
ベビーサインは産まれて初めて赤ちゃんに教えてあげることができるものです。

期間限定のベビーサイン、ぜひ活用してステキな思い出を作ってくださいheart04happy01

ベビーサイン教室の紹介動画はこちら☆ ※講師の教室ではありません。

Babysigns Movie

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)