吾妻橋教室2 最終回

150121_02_06

こんにちは、
世間ではインフルエンザがピークですねbearing

実は私は、人生でインフルエンザにはかかったことがないので、
ひそかに体質か何かでかからないのではという変な自信があったのですが、
30過ぎて初めてかかった知人が出まして、
やっぱりかかるのね…と今さらながらおそれていますwobbly

さてさて、先日8月から始まった1歳クラスが、ついに最終回を迎えましたshinecrown
半年も成長を見守ってくると、いつも感慨深くなってしまいますcoldsweats01

毎月撮っている親子写真を、ミニアルバムにして最後にお渡しするのですが、
やっぱり半年で赤ちゃんは全然違いますね~sign03

まだたっちができていなかったのが、
今ではスタスタ歩き回れたり。

赤ちゃんがオギャーと産まれて何もできない状態から、
首がすわり、寝返り、おすわり、ハイハイ、つかまり立ち、たっち、歩く、と
1年やそこらですごい進化をとげるんですから(笑)、すごいですよねsign03

最終回は、食べ物と形容詞のサインがテーマ。
1月なので、「福笑い」ならぬ「鬼笑い」で、悲しい顔やうれしい顔をつくってみました。
感情のサインは、表情もつくりながら見せてあげると、分かりやすいですよhappy01

最後は気に入った顔でのりづけして、節分で使えるように鬼のお面にして完成goodwink
ちなみに息子にも同じものをつくってやらせてみたのですが、
息子は目を鬼のもじゃ髪の中においていました…(爆)coldsweats01
固定観念がないってすばらしいですねsign01

1歳さんのMくんとRくんは、わりと早い段階でサインが返ってきましたpaper
もちろん個人差はありますが、1歳前後でサインが返ってくるケースが多い気がします。

サインは言葉の話し始めまで使えるので、
ぜひレッスンが終わってもサイン育児を続けてくださいheart01

これからもベビーサインが、
赤ちゃんと家族のコミュニケーションに役立ちますようにconfidentheart04

 

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)